MENU

豊胸手術...気になりますよね?

女性にとっては、胸の大きい小さいは、いろいろとコンプレックスの種になることが
多いです。

 

大きい胸の人が大きすぎると悩むこともあるのですが、小さい胸の人が大きく
なりたいと悩むことも当然あります。むしろそっちの悩みが大半かもしれません。
やはり世間的には小さい胸の人が大きい胸になりたいと悩むことが多いようです。

 

 

 

そんな時にどうしても気になってしまうのが、豊胸手術という手段です。

 

 

豊胸手術とはどのようなことをする手術だと思います?

 

豊胸手術というのは、文字通り胸を豊かにする手術...つまり、小さい胸を大きくする
手術のことをいいます。

 

 

豊胸手術では、豊胸バッグというものを胸部に入れることで、小さい胸を
大きく美しい胸にすることができます。

 

この豊胸手術で使われている豊胸バッグとは、「人工乳腺」とも呼ばれているもので、
この豊胸手術は「人工乳腺法」と呼ばれる手術になります。

 

 

人工乳腺法と呼ばれている豊胸手術においては、乳腺を傷つけることがありません。

 

そのために、豊胸手術をした後に妊娠した場合や授乳をする場合などに影響がない
方法となっています。

 

 

この豊胸手術はどのような手術かといいますと、脇の下の目立ちにくい場所を
少しだけ切り開き、そこに豊胸バッグを挿入するという手術になります。

 

この豊胸手術を受けた後しばらくは、切開した部分に少しだけ傷跡が残りますが、
時間と共にその傷跡は目立たなくなりますので安心です。

 

人口乳腺法の豊胸手術は、豊胸バッグを入れる場所によって二つの方法があります。

 

乳腺の下の大胸筋に豊胸バッグを入れるという豊胸手術を、大胸筋下法といいます。
この豊胸手術が向いているのは、痩せている人や胸の小さい人です。

 

 

⇒身体にメスを入れなくても、こんないい方法があります!

 

 

もう一つの豊胸手術が、乳腺下法という名前の豊胸手術で、この豊胸手術では、
大胸筋の上の乳腺の下あたりに豊胸バッグを入れる方法がとられています。

 

この豊胸手術は、比較的胸大きめな人に向いている豊胸手術で、出産や授乳の
経験があり胸が垂れ気味な人にもおすすめの豊胸手術です。

 

 

このような豊胸手術をすることによって、身体への影響があるのではないか?と
心配する方も多いと思います。

 

しかし、豊胸手術で使用されている豊胸バッグは、人体への害がないものなので、
安全なものとして、安心して豊胸手術を受けることができます。

 

 

それでも、やはり身体にメスを入れる手術であるので、きちんとした経験を持つ
クリニックを選んで、豊胸手術を受けることが非常に大切ですね。

 

 

豊胸手術を受けることで、小さい胸がコンプレックスで暗くなりがちな女性が
明るく元気な性格になる場合も少なくないそうです。

 

そのような意味においては、豊胸手術は、悩める女性の救世主といえるのかもしれませんね。