MENU

貧乳に豊胸手術は?

整形手術にもいろいろありますが、バストの小さな女性にとって一番関心があるのは、
やはり豊胸手術ではないでしょうか。

 

 

豊胸手術には「豊胸バッグ」といわれる人工乳腺を胸部に挿入する方法と、
脂肪注入法とがあることは、以前お話しました。

 

 

今回は、豊胸バックについてお話します。

 

豊胸手術で豊胸バックを入れる場所は、一般的に2か所――つまり乳腺の下に
ある大胸筋の下と、大胸筋の上の乳腺下です。

 

痩せていてバストが小さいひとには大胸筋の下にバッグを挿入する方法が向いており、
ある程度バストにボリュームがある人には乳腺下にバッグを挿入する方法が向いて
いるようです。

 

 

豊胸手術で用いられる「豊胸バック」にはいろいろな種類があり、大きく分けて
3つのタイプがあります。

 

その3つとは「バイオセルバッグ」「CMCジェルバッグ」「クリスタルバッグ」です。

 

 

バイオセルバッグはシリコン製バッグですが、シリコンが液状ではなく流動しない
コヒーシブタイプで、耐久性に優れています。

 

CMCジェルバッグは、医薬品や食品の原料としても使用されている物質
「カルボキシルメチルセルロース」を使用したバッグです。

 

クリスタルバッグは耐久性に優れていますが、バイオセルバッグやCMCジェルバッグに
比べると、やや感触は硬く、仕上がりの感触は劣るようです。