MENU

ヒアルロン酸による豊胸はどう?

美容整形による豊胸手術にはいろいろな方法があるのですが、一般的には、
以前お話した「豊胸バック」を用いる方法が多いです。

 

この場合は、ワキの下のシワに沿って目立たない部分を最小限切開し、
豊胸バッグを挿入します。

 

 

しかし、最近では、「豊胸手術で身体にメスを入れるのは嫌だ」という人のために、
ヒアルロン酸を用いた豊胸手術がでてきました。

 

いくら胸を大きくしたいといっても、自分の身体にメスを入れるのは、
まだまだ抵抗があるという人も非常に多いようです。

 

そのような人のニーズに答えるのがこのヒアルロン酸を用いた豊胸術です。
この豊胸術は、メスは使わずにヒアルロン酸を注入するだけで簡単に
大きくできるもので、いわゆる「プチ整形」として注目を浴びています。

 

 

ヒアルロン酸注入法なら、メスはいっさい使わず、皮膚を切る必要もありません。
豊胸手術を受ける人の希望のバストの状態・大きさ等を考慮に入れ、
ヒアルロン酸を注入する量や注入ポイントをきめます。

 

 

ヒアルロン酸による豊胸は、豊胸バッグによる方法と違ってキズは残りませんが、
一つだけ欠点があります。

 

それは、効果の持続が2年から3年だということです。その点だけは注意が必要です。
それでも、メスを使わないだけでも、安心する部分はありますよね。