MENU

豊胸脂肪注入法...まずは脂肪吸引

豊胸手術には、豊胸バッグを挿入する方法のほかに、脂肪注入法があることは
以前お話しました。脂肪を注入するためには、もちろん注入する脂肪がなけれれば
なりませんので、先に脂肪吸引を行う必要があります。

 

今回は、脂肪吸引のお話です。

 

 

無理な食事制限や過度な運動によるダイエットと、脂肪吸引には大変に
大きな違いがあります。

 

ダイエットは脂肪細胞のひとつひとつを小さくする事により体重が減ることですので、
実は体質が変わる訳ではありません。

 

また、たとえば胸などの痩せたくない部分の脂肪細胞も小さくなってしまい、
痩せて女性らしさがない身体になってしまいます。若い女性なんかには、
よく痩せすぎで全然女らしさが感じられない方を見かけます。

 

 

またダイエットは結局、無理することの反動やちょっと油断することで、リバウンドの
可能性も高いものがあります。

 

 

しかし、脂肪吸引は痩せたい部分のみの脂肪細胞を減らす事が出来る体質改善の
手術ですし、一日で終わります。また、リバウンドも全くありません。
結論から言えば、脂肪吸引は余分な脂肪がついている部分を脂肪細胞ごと
特殊な器具を使用して体外に除去する方法ということです。

 

栄養不足で体力が落ちる、ストレスで肌がぼろぼろになる等の心配がなく、
一度落としてしまえばリバウンドはなく、再び脂肪吸引をする必要がない、
といわれています。

 

 

ただし、脂肪吸引できる脂肪は、皮下脂肪又は外から器具を通せる部分のものに
限ります。内臓の周りにつく内臓脂肪に関しては脂肪を除去できる状態に
ありませんので注意が必要です。コチラの脂肪は、生活習慣の改善で頑張ってください。

 

 

どちらの脂肪がついているのか分からないときは、だいたいの美容外科での
事前カウンセリングで調べることができます。

 

見た目につく脂肪が皮下脂肪ですので、体型が気になったり贅肉をつかめる
というのであれば、脂肪吸引によりなくすことは可能なようですです。

 

 

うまくいけば、余分な脂肪が減らせて、バストがアップするという「一石二鳥」に
なるんですが、はたしてどうでしょう...。