MENU

豊胸に使用するヒアルロン酸って?

豊胸の一つの方法として「ヒアルロン酸」の注入という方法があります。

 

豊胸なら「シリコン」というイメージがしばらくの間は多かったと思いますが、最近は
普通にヒアルロン酸の話題が、マスコミなどをにぎわしていますね。

 

そこでふと思った疑問なのですが、「ヒアルロン酸ってそもそもなんだろう?」
ということなんです。

 

ヒアルロン酸について調べてみました。

 

 

 

ヒアルロン酸とは、体内の眼球、皮膚、関節、へその緒などに存在するゼリー状の
物質で、アミノ酸の一種である酸性ムコ多糖類で、炭素、水素、酸素、窒素で
構成されており、アミノ酸の基本構造と同じ分子構造をもっています。

 

 

ヒアルロン酸の特質は、なんといっても保水力の高さです。

 

ヒアルロン酸は、年齢が進むとともに体内から減少していき、そのため皮膚の
みずみずしさが失われていきます。

 

ですから、ヒアルロン酸を補うことで皮膚の保湿力を高め、みずみずしさとハリのある
美肌を取り戻せるということで、その美容効果が近年注目されているということなのです。

 

 

ヒアルロン酸の保水力は、1gあたり500ml〜1Lとも、また6Lともいわれています。

 

しかし、実質は1gあたり80mlとする説もあるようです。仮に1gあたり80mlとしても、
ヒアルロン酸の保水力は相当なものですから、美肌作り・美容対策の強力な
サポーターといえるでしょう。

 

 

ヒアルロン酸は、米国コロンビア大学教授のマイヤーとパルマーによって発見された、
細胞内に存在するアミノ酸の一種であるムコ多糖類のことです。保水力が高くて、
体内の水分の多い部分、たとえば皮膚や眼球、関節などに存在して水分を保ち、
それらの機能を正常に保つ役割も果たしています。

 

 

ヒアルロン酸は、もともと体内で作られるものですが、非常に壊れやすいものであり、
なおかつ年齢を重ねるにつれて体内で製造される量も減っていきます。

 

 

ヒアルロン酸の量を比較してみると、0歳の赤ちゃんが最も多く持っており、
0歳の赤ちゃんの量を100とするなら、20歳で80、40歳で50と半分になり、
60歳で25と1/4になってしまいます。

 

何気に怖いですね。

 

これでは、年をとると肌のみずみずしさが失われ、しわやたるみができたりするのも
頷けます。

 

 

このような理由で、「ヒアルロン酸を補充することでお肌の若返りが可能」と、
美容面での効果が期待されているわけです。