MENU

ヒアルロン酸注射で豊胸する!

豊胸手術時に注入するヒアルロン酸に関しては以前お話しました。

 

そのヒアルロン酸は、一般的には注射で注入します。今回は、豊胸に限らず、
ヒアルロン酸の注射による注入について考えてみます。

 

 

ヒアルロン酸は保水力が高いので、ヒアルロン酸を補充することで、美容面での
大きな効果が期待されます。

 

ヒアルロン酸に限らず、皮膚に浸透していくのは分子量が3000くらいのものまでですので、
分子量が100万〜800万もあるヒアルロン酸は、肌から直接吸収させることが難しいと
いわれます。そのため低分子ヒアルロン酸というものも開発されています。

 

 

 

ヒアルロン酸で美容施術を施す場合は、注射・注入するのが一般的です。
ヒアルロン酸注射による美容整形のメリットは、プチ整形と呼ばれるように、手軽に
注射するだけですみ、簡単であるという点に尽きます。

 

またヒアルロン酸自体が、もともと体内で作られているものですから、安全性が
高いという安心感もありますね。

 

 

ヒアルロン酸注射による美容整形のデメリットは、ヒアルロン酸が徐々に体内に
吸収されていき、効果が薄くなっていくということです。

 

効果持続期間は、最大で約1年程です。注射した場所や量によっては数ヶ月
で効果がなくなることもあります。

 

ですから、ヒアルロン酸注射の美容効果を保持したい場合は、定期的に
注射するしかないといえます。

 

ヒアルロン酸注射・注入をすることで期待できる美容効果はいろいろです。

 

 

代表的なものでは、「しわ」とりですね。その他、顔の法令線という小鼻から口元に
かけてできる八の字型のラインを目立たなくすることや、ニキビ跡を目立たなくする
などがあります。

 

 

ヒアルロン酸を注射・注入して、これらの施術をする場合、所要時間はおよそ10分、
効果の持続期間は半年〜9ヶ月となっています。

 

 

このサイトでたびたびお話している豊胸手術も、ヒアルロン酸注射・注入で、
手軽に出来るようになっています。

 

「豊胸といえばシリコン」と思う方も多いと思いますが、ヒアルロン酸注射・注入による
豊胸施術は、体への負担も少なく、切開の必要もなく、入院する必要もありません。

 

ただしシリコンとは違って、効果の持続期間が短く、1ヶ月〜数ヶ月程度です。

 

 

ヒアルロン酸注射・注入による美容整形は、手軽に行えて体の負担も少ない反面、
美容効果は一時的なものとして理解しておく必要がありますね。

 

 

またヒアルロン酸注射は、一般的にいって安全性が高いものですが、施術後体に
異変を感じた場合は、担当のクリニックに連絡をとるようにしましょう。